ホーム>製品のご案内>包丁の種類>洋包丁各種
製品のご案内

洋包丁各種

洋包丁各種一覧

和庖丁の本焼同様、私どもの製造する洋包丁は火造り本鍛造による一枚鋼で仕上げております。素材を加熱し、叩いて練って打ち上げる“鋼を鍛える”からこその切れ味とコシの強さ。多種多様の品ぞろえで本職のお客様に幅広くご愛顧頂いております当店 のオリジナル本鍛造洋包丁は、その内部分子を究極まで細かく鍛造しておりますので抜群の永切れをいたします。

Gyutobanner.png Petitbanner.png Sujihikibanner.png Komabanner.png Yodebabanner.pngtyuatsubanner.png Honesukibanner.png Garasukibanner.png

牛刀

 

牛刀

 

牛刀

 
洋包丁の中では最も基本的な型で海外ではシェフナイフと呼ばれています。牛刀という名称は西洋料理が渡来した明治時代に牛肉を食べる文化のなかった日本人にとって印象的であったためにこう呼ばれるようになったのでは ないかと云われています。
 
Rの掛かった両刃で薄手に造られています。骨のあるものなど固い食材には不向きな部分もありますが、諸刃で薄口のため真っ直ぐ切りこむのには都合が良く、肉や野菜などの調理全般に用いられる非常に汎用性の高い包丁です。
6寸(18cm)、6.5寸(19.5cm)の幅広で短めの大きさの物はご家庭向き万能包丁として多くのお客様にご愛顧頂いています。ご家庭での調理で一番多いとされる刻みものに適した幅、 一枚鋼で造っているため丈夫で刃持ちが良くご家庭向きに一丁で永く使えるよう仕上げています。使い込んでからの刃持ちの良さや切れ味の良さは本鍛造ならではの特徴です。
 
ページ上部へ
炭素鋼
※極上鋼・特上鋼は製造終了に伴い一部のみ
不錆鋼
●オリジナル特殊鋼「特上光」「光」(製造終了に伴い一部のみ)
寸 法
●尺2寸(360mm) ●尺1寸(330mm) ●尺(300mm) ●9寸(270mm)
●8寸(240mm) ●7寸(210mm) ●6.5寸(195mm) ●6寸(180mm)

オンラインショップへボタン3.png

 

ペティナイフ

ペティナイフ

 

ペティナイフ

小さな牛刀のような形をした小型で汎用性の高い洋包丁です。小回りが効くため野菜や果物などの皮むきや面取り、細工などの細かい作業に適してい ます。ペティナイフ1丁をメインに使用する場合、刃の長さを活かしたスライスなど汎用性の高く扱いやすい長めのもの(15cm以上)がおすすめです。
 
ページ上部へ
炭素鋼
●青紙二号鋼 ●特上鋼 ●オリジナル炭素合金鋼
不錆鋼
寸 法
●6寸(180mm) ●5寸(150mm) ●4寸(120mm)

オンラインショップへボタン3.png

 

筋引

 

筋引

筋引

 

牛刀の刀身を細くしたような形状の洋包丁です。刀身の幅が狭く薄手で、その名の示す通り大きな肉のブロックを筋に添って切り分けて筋のない部分だけを切り出す、切り離すといった作業に適しています。また、バラ肉を切り分ける際などにも用いられスライサーとしても活用できます。
柳刃庖丁に良く似た形状をしていますが、刃付けは基本的に両刃であること、魚と肉それぞれ異なる目的があるため使い勝手も変わります。私どもの製造してい る筋引きは本鍛造の粘りを最大限に生かした造りでしっかりとしたコシが出るよう仕上げています。当店オリジナルの特殊鋼(光・特光)であれば冷凍庫で 2~3分ほど冷やして包丁と食材の温度を合わせることによって冷凍食材への対応が可能です。

ページ上部へ

炭素鋼
●極上鋼 ●特上鋼 ●全鋼
不錆鋼
●オリジナル特殊鋼「特上光」「光」(製造終了に伴い一部のみ)
寸 法
尺(300mm) ●9寸(270mm) ●8寸(240mm)

 

◆スライサー

スライサー

 

カルパッチョなど食材を薄くスライスする際に適した細身の包丁です。用途、形状は筋引きとほぼ同様で兼用することもできます。

ページ上部へ

炭素鋼
●特上鋼
寸 法
尺2寸(360mm)

オンラインショップへボタン3.png

 

 

小間切(幅広中厚口牛刀)

 

小間切(幅広中厚口牛刀)

小間切(幅広中厚口牛刀)

 

牛刀よりも厚口で幅広に仕上げた洋包丁です。
肉や魚をブロックに分ける事からスライスまでを一丁でまかなえるため、水産加工・食肉加工の現場で汎用性の高い包丁です。峰の先の部分に滑り止めのためにストッパーを付けたタイプもあります。

ページ上部へ

炭素鋼
●全鋼
不錆鋼
●オリジナル特殊鋼「光」(「光」シリーズ製造終了に伴い現在一部のみ)
寸 法
●尺2寸(360mm) ●尺1寸(330mm) ●尺(300mm) ●9寸(270mm) ●8寸(240mm)

オンラインショップへボタン3.png

 

洋出刃(厚口牛刀)

洋出刃(厚口牛刀)

骨付きの肉や甲殻類、半冷凍食材などを切断する際に適した包丁です。
丈夫で欠けたり折れたりしにくいよう刀身は諸刃で厚く造られているのが特徴で、たたく、割る等の荒ごなしによく使われています。鳥獣類、魚類の大半の下処理に対応できます。

ページ上部へ

炭素鋼 ●全鋼
不錆鋼 ●特殊鋼「光」
寸 法 ●尺(300mm) ●9寸(270mm) ●8寸(240mm) ●7寸(210mm)

オンラインショップへボタン3.png

中厚口牛刀

 

中厚口牛刀

 

通常の牛刀に比べ丈夫で耐衝撃性に優れる、やや厚口(約4mm厚)の中厚牛刀です。
厚みを持たせた無垢の一枚鋼のため、粗使いでも欠け難く、魚を卸すことから切り身にする、大量の食肉を捌くなどお使いになるご用途に応じたお好みの刃付け(片刃両刃対応)も可能です。水産加工、食肉関係などあらゆる場面でのご利用にオススメです。
本製品に使用されているⅤ銀1号は一般に「セミステンレス鋼」と分類され、炭素鋼とステンレス鋼双方の優れた部分を併せ持つ鋼材と云われています。炭素鋼より錆に強く熱による変性も少なく丈夫なうえ、ステンレス鋼に比べ滑りにくく鋼に近い切れ味で刃持ちも良く研ぎ易さも兼ね備えた優秀な鋼材です。
一般的にはⅤ銀1号に軟ステンレスを被膜接合させた複合材(ステンレス・クロマックス)として広く普及していますが、当店ではより使い勝手がよく環境に合った刃付け(片刃両刃可能)を実現するため、Ⅴ銀1号のみでの耐久性を確認したうえ、無垢の一枚鋼で製造しております。
 
鋼 材
●セミステンレス鋼 V銀1号鋼
寸 法
●尺2寸(360mm) ●尺1寸(330mm) ●尺(300mm) ●9寸(270mm) ●8寸(240mm)
 オンラインショップへボタン3.png

骨スキ

 

骨スキ

骨スキ

 

海外では「ボーニングナイフ」とも呼ばれ、骨つき肉から骨だけを切り離す(肉だけを切り取る)際に用いられる包丁です。
鋭く尖った切っ先と真っ直ぐな刃道が特徴で、刃が骨に当たっても刃こぼれしないよう牛刀に比べて刃が厚く丈夫に出来ています。
日本では独自の形状で片刃となっており、魚を捌く際にも便利で、小振りな形状を活かしてエビやカニなどの殻を剥いたりと幅広い用途に活用できます。
関西では柄と刃元が同じ幅で、切っ先に向かってゆるやかな反りがある諸刃の坂型骨スキ「さばき」が良く使われています。

ページ上部へ

鋼 材 ●極上鋼 ●特上鋼
寸 法 ●5寸(150mm)

 オンラインショップへボタン3.png

ガラスキ

ガラスキ

ガラスキ

 

形状は骨スキに似ていますが、主に鶏(のガラ)を捌く際に用いられ骨スキよりも長く幅があり骨を叩くためにしっかりとした厚みがあります。

鋼 材 ●極上鋼 ●特上鋼 ●全鋼
寸 法 ●6.5寸(195mm) ●6寸(180mm)

オンラインショップへボタン3.png

ページ上部へ