ホーム>新着情報>2015年10月

2015年10月

2015年築地秋まつりを顧みて

築地場外市場で開催される「築地 秋まつり」のイベントの一環として私どもも毎年参加しております食育体験教室。
本年も無事大盛況の内に終えることができ、私ども担当の「包丁研ぎ体験教室」にも多くの方々にご参加頂けました。

毎年、築地 秋まつりの目玉イベントとして開催しております食育体験教室は、食の中心地「築地」として食育基本法の基本理念に賛同し、身近な食材や調理道具を通して食に対する関心や知識などを親子で楽しみながら学ぶことを根本に置いて企画しております。
この包丁研ぎ体験教室では、ご家庭でのお料理で毎日包丁を手にする方から普段包丁に触れる機会の少ない小さなお子様まで分かりやすく楽しみながら包丁の知識とメンテナンスの方法を学べるプログラムをご用意致しました。

食材の調理で必ず欠かすことのできない大切な料理道具の包丁、今回研ぎ方教室で使用致しました出刃包丁は魚を捌く際に利用される包丁で骨などの硬いものを切るために非常に厚く丈夫で刃欠けに強い片刃の和包丁の一種でございます。普段ご家庭で目にすることが多いのは肉や野菜などの全般調理に便利な万能包丁や三徳包丁かと存じますが、包丁は扱う食材により多種多様に種類がございます。また、刃物というものは使い方を誤れば容易に身を傷つけることがある危険なものという認識が多くございます。ですが刃物が切れる原理をよく知り正しく扱うことで調理をする蔡に包丁の持つ能力を最大限に活用し料理の幅を拡げることが可能でございます。
本プログラムを通して、包丁に対する認識と食に対するご興味をより一層深めて頂けたならば感無量でございます。

本年の包丁研ぎ体験教室では、嬉しいことに昨年に続き再訪下さった方々が多くいらっしゃいました。
中でも特に、親子でいらしたリピーターの方々が多く「去年も来たんだよー!」と元気一杯に参加くださったお子様の声に思わず顔がほころぶ場面もございました。こうして包丁研ぎ体験教室を通じて、子どもたちへの食育の一端を担わせていただけることは誠に身に余る光栄でございます。
これからも小さなお子様でも気軽に楽しんで頂けるような様々なイベントを企画していきたく存じます。


昨年も本教室をご体験頂いた方々から「言われたとおりにやってみてもなかなか切れ味が戻らない」「試しに自分で研いでみたけど余計に切れなくなった」というご意見をいくつか頂いております。
包丁研ぎというのは一朝一夕に上達するのがなかなか難しく研ぎ方によっては余計にきれなくなったり初めはどうしても丸刃になってしまうなどの研ぎ癖が出てまいります。もちろん荒砥などを用いて修正することも可能ですが、一度大きな研ぎ癖が付いてしまった包丁を直すには時間と労力を必要とします。
もしご自身での研ぎが困難とご判断なさったときは是非いつでもお気軽にご相談ください。切れ味の出ない包丁や柄が破損してしまった包丁など、私どもで製造している包丁に限らず修理は可能でございます。
一丁の包丁を少しでも永くお使い頂けるようお手伝いできれば私どもと致しても幸いでございます。

最後となりましたが、このように大盛況のうちにイベントを終えることができましたのも、偏に今回ご来場下さいました皆様と本イベントを主催下さいました関係者各位の賜と心より厚く御礼申し上げます。
 

ページ上部へ