ホーム>製品のご案内>当店の製品について
製品のご案内

当店の製品について

独自の製造方法 手造り本鍛造について


当店では創業当時より、刀鍛冶の伝統製法を受け継ぐ和庖丁の製造技術「火造り鍛造」を堅く守りつつ、当時にはかなり稀であった技師の海外派遣により洋包丁及び機械刃物の製造技術をいち早く取得、導入しました。
そして和洋双方の特性を生かした独自の鍛造製法を開発し完成させたことにより、多くの特殊刃物の製造に成功、同時に関東における洋包丁(牛刀類)の急速な普及に尽力しました。

100年余の歳月を経て、洋包丁のほとんどが機械による大量生産(板状の鋼材を庖丁の形に型抜きして切り出し、丸ごと焼入れし研磨する「丸焼き」という方法)となった現在でも、火造り本鍛造による、型を使わずに成形する手造り製法を守っています。

素材が本来持っている“力”を最大限引き出すため、成形前の段階から丹念な鍛造により鋼を鍛え上げることに始まり、わら灰を用いてじっくり焼き戻しをするなどの古来からの伝統製法に加え、独自に開発した特殊な工程を幾種も経て、一丁一丁を丁寧な手作業で造り上げます。

こうした作業を施すことで素材である鉄の分子がきめ細かく整い(欠けにくい)、硬度(切れ味)、靭性(ねばり)、耐摩耗性(永切れ)、耐疲労性(へたり)、耐蝕性(サビにくさ)等々において、鉄板を型で抜き丸焼きした包丁とは格段に違う切れ味となります。

大変時間と手間のかかる作業ではありますが、全ての工程にはそれぞれ重要な意味があり、これを護ることによって漸く、切れ味良く欠けにくく永切れして傷みにくい、呼吸をする≪活きた包丁≫の完成に至ります。

その特性を最大限に生かす使用法として、冷凍食材への対応が挙げられます。包丁自体を数分間冷凍庫で冷却し、食材と同じ温度まで下げることにより冷凍食材への使用が可能になっております。
またその内部分子の細かさから、食材に鋼の匂いがつきにくく、包丁に食材の脂がつきにくいことも特長のひとつです。

素材を加熱し叩いて練って打ち上げる、“鋼を鍛える”からこその切れ味とコシの強さ、手造り本鍛造の威力をご実感下さい。

 

ページ上部へ