ホーム>新着情報>包丁について

包丁について

寒打 お誂え包丁ご予約承ります

今年も残りわずかとなり、皆様には慌ただしくお過ごしのことと存じます。
当店では本年も寒打ちのお誂えものの受付を開始致しました。

古来よりの慣習に則り、師走から初春にかけて火造りし、新春の大寒(1月20日)に焼き入れを施す寒打ちの包刀は刀身が締まり、一年を通じて最も良い仕上がりと云われています。
日本の四季や縁起を大切になさる和食の皆様には、特にこの時期にお誂えもののご注文を頂戴しております。

大寒の日に限っての仕事には限界がございますため、ご予約のみのお造りとさせていただいております。
大寒に焼き入れしたものを、新たな節の立春から仕上げにかかりますので、仕上がりは三月に入ってから順々に、となります。

また、よりこだわる本職の方は焼き入れ後一年寝かせて翌年仕上げ、と云う形でも承っております。

この度はインターネットをご閲覧の皆様によりご周知いただければと、お知らせ方々ご案内を申し上げます。

皆々様のご利用を心よりお待ち申し上げております。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

ページ上部へ