ホーム>新着情報>お知らせ>『包丁の研ぎ・直し随時受付中』
お知らせ

『包丁の研ぎ・直し随時受付中』

はじめに

新型コロナウイルスの影響により、ご自宅で料理に取り組んでいる方や体調管理のため食事を気にされている方も数多くいらっしゃるのではないでしょうか。

当店では、包丁の研ぎ・直しを随時郵送でも承っております!
www.tsukiji-masahisa.jp/contents/repair/

今回は、色々なご依頼がある中で、ご家庭でよく使われる万能包丁の研ぎや直しについて、いくつかの例を紹介していきたいと思います。

1.あまり傷みがなく、切れ味が悪くなった場合

万能包丁の研ぎや直し例

包丁を長期間使っていくとどうしても刃が潰れてきます。その為、切っている際に滑るようになり食材への刃の入りが悪くなります。
研ぎを行うことで、その包丁、鋼材の本来の切れ味を発揮させることが出来ます。

研ぎ代:1000円

2.表面の錆が酷い包丁の直しの場合

万能包丁の研ぎや直し例

(上記写真は柄も交換しております。)
長年放置していたり、水気や野菜のアクにより写真のように錆が発生してしまいます。
このまま使ってしまうと、切れないのはもちろん衛生的にもよくありません。
表面の錆を削り取り、包丁本来の輝きを取り戻すことができます。
※錆が深く入っていると取り切れない場合もございます。

研ぎ代:1500円

3.包丁が大きく欠けてしまった場合

万能包丁の研ぎや直し例

硬いもの(骨や冷凍品など)を万能包丁で無理に切ろうとしてしまうとこのように欠けてしまう場合があります。
大きく欠けてしまった分、幅は減ってしまいましたがまたお使いいただけるように直すことができます。

研ぎ代:2000円

※包丁は種類や傷み具合、さらには使われる方によっても一丁一丁違うため、その研ぎ方・直し方も一丁一丁違います。あくまで例としてご覧ください。
※今回ご紹介させていただいた庖丁は弊社のもので他社製品のものの場合は詳細が異なりますのでご了承ください。
※下記金額は目安で状態によって前後いたしますので予めご了承ください。詳細は、お問い合わせから現物確認後となります。

最後に

包丁を研ぐことで切れ味が良くなり、食材の良さを引き立てることや、調理の時短に繋がるなど様々な利点があります。
この機会にご愛用されている包丁を研いで一段と料理に打ち込んでみてはいかがでしょうか。
包丁についてお困りの際はお気軽にご相談ください。

以上、お読みいただきありがとうございました。


研ぎの依頼、ご相談は以下のURLからお気軽にお問い合わせください。
www.tsukiji-masahisa.jp/contents/repair/

※動画でのご案内はしておりません。ご了承ください。
※状態を拝見してやむなく修理をお断りする場合もございます。あらかじめご了承くだい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tsukiji-masahisa.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/55

ページ上部へ