ホーム>新着情報>2013年10月

2013年10月

2013年築地 秋まつり

本年の築地秋まつりは築地場外市場も沢山の人で賑わい、私どもの担当致しました包丁研ぎ体験教室「包丁を研いでみよう」にも、大勢のお客様にお越し頂きました。

この体験教室は、食の中心地 築地として「食育基本法」に賛同し、日本の食文化を親子で楽しみながら学んでいただくことを目的として始まったイベントでございます。
 
近年、お台所でのお手伝いの機会が減り包丁に一度も触れたことのないお子様が多くいらっしゃいます。
刃物は一つ扱い方を間違えれば容易く指などを傷つけてしまい、非常に危険性の高いものであると認識があるかと存じますが、包丁はご家庭や飲食店、市場など食文化の中では決して欠かすことのできない大切な料理道具の一つでありその特性を良く理解し正しい認識でご利用頂ければ決して危ないということはございません。
永く使用し切れ味の落ちてしまった包丁を使い続けるということが怪我をしてしまう原因のひとつとしてございます。
どれほど鋭利な包丁であっても刃先の摩耗によりいずれは切れ味が落ちてまいります。切れ味の落ちてしまった包丁は刃が食材に食い込まず、切る際に余計な力が加わってしまい思わぬ怪我へとつながります。
 
この切れ味の低下を改善するために必要なのが砥石を利用した刃の研磨でございます。
 
今回の研ぎ体験教室では、包丁研ぎの基本中の基本をどなた様でもご理解頂けるよう心掛け皆様にご体験頂きました。
初めて包丁を研いでみた方、今まで包丁に触れたことがなかった小さなお子様など大勢の方にご参加頂き、皆様には有意義なひと時をお過ごし頂けたかと存じます。
このイベントをきっかけに、今まで何気なくお使いいただいておりました包丁をより身近なものとして感じて頂ければ私どもと致しましても感無量でございます。
 
体験教室にご参加頂いた中で様々なご意見を頂戴いたしました。
中でも特に多く頂いたのが「自宅で研いでみてもすぐ切れなくなる」「研いでみたけどなかなか刃が付かない」といったご意見でございます。
どなた様でも多少の研ぎ癖というのがあり、何度か包丁を研いでいるうちに刃先が丸くなってしまったり鈍角になってしまったりということがございます。
このような刃先の狂いが刃持ちの低下や刃付けのし辛さにつながり、ご自身でのメンテナンスの限界がやってまいります。
そういったときは、どうかご無理をなさらずお気軽に私どもにご相談ください。
当店では包丁の製造販売だけでなく、研ぎや柄の修理なども随時承っております。
切れなくなってしまった包丁をもう一度新品の切れ味へとお手入れいたします。
 
最後となりましたが、今回研ぎ体験教室にご参加頂きました皆様、並びに築地 秋まつりにご来場頂きました皆々様に従業員一同厚く御礼申し上げます。
 
 

築地場外市場「秋まつり」開催のお知らせ

まもなく毎年恒例の「築地秋まつり」の季節がやってまいります。

今年も「場外市場 旨いものめぐり」や、「つきじの逸品 大抽選会」などイベントも盛りだくさんです。

食の中心地”築地”として「食育基本法」に賛同し、親子で楽しみながら「日本の食文化に接する」イベント「体験食育教室」。
当店は昨年もご好評頂きました≪包丁研ぎ体験教室「包丁を研いでみよう!」≫(10/13開催)を今年も担当します。

12年秋まつり1.jpg12年秋まつり2.jpg

包丁をまだ研いだ事のない方や小さなお子様でも分かり易いよう包丁の基本的な研ぎ方をご体験頂けます。
ご興味のある方は、是非小田原橋駐車場「包丁を研いでみよう!」コーナーまでお越しください。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。
 

注)体験食育教室「包丁を研いでみよう!」は10/13(日)のみの開催です。
 

★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・
開催日:2013年10月12日(土)13日(日)
会場: 築地場外市場
    小田原橋駐車場(イベント特設会場)9:00~15:00開催

主催:築地場外市場商店街振興組合
後援:中央区(中央区観光商業まつり参加行事) 
協力:築地共栄商業協同組合、築地海幸会、築地四丁目町会、築地六丁目南町会
   NPO法人築地食のまちづくり協議会、銚子市、銚子市漁業協同組合
   東京都交通局、東京メトロ、東京鰹節類卸商業協同組合、他(順不同)
★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・★・

イベント詳細については築地場外市場公式HPも併せてご覧下さい。
 

ページ上部へ